つぶやき

「中国の侵略」の恐ろしさと根本原因

「中国の侵略」特集号が出来しました  顕正新聞令和3年3月5日号が出来しました。その名も「中...
創価学会・宗門破折

宗門僧俗から「神通力などない凡夫」呼ばわりされる阿部日顕

慧妙によると阿部日顕は「神通力などない凡夫」のようです(笑)
日蓮大聖人の仏法

日蓮大聖人の一代御化導の肝要

大聖人様は、立宗のとき我が身即久遠元初の自受用身と知り給い、竜の口のとき我が身即久遠元初の自受用身と顕われ給い、そしてその御覚りの全体を「本門戒壇の大御本尊」に図顕あそばし全人類に授与して下さった…この三つの大事こそ、大聖人一代御化導の肝要・骨目です。
つぶやき

末法下種の主・師・親

主・師・親の三徳まします日蓮大聖人を日本一同に信じ奉る広宣流布、そしてその暁に実現される国立戒壇建立こそが、根本の解決法なのです。
つぶやき

「顕正会は暴力集団!」と叫んで暴力をふるう法華講員

日蓮正宗・常在寺(住職は阿部日明)の信徒が顕正会員に暴力をふるい、罰金刑を受けたというのです。そんな暴力をふるった信徒が「顕正会は暴力集団!」などと叫んでいたというから呆れてしまいますね。
つぶやき

コロナ禍でも大熱気だった教学試験

コロナ禍にもかかわらず、なんと2万8344人もの人たちが受験しました!
つぶやき

どうして「総罰」が起こるのか

日本一同が未だに日蓮大聖人に背き続け、加えて正系門家が極限の大謗法・師敵対に陥っているために、いま「総罰」が起きているのです。
つぶやき

300万を見つめて

正本堂の崩壊こそ、まさに第六天の魔王の敗退であり、池田大作・細井日達・阿部日顕等のたばかりの終焉であった。そして「破邪」の次には必ず「立正」がある。立正とは国立戒壇の建立である。すべては大聖人様の絶大威徳により成就するものであれば、国立戒壇は必ず成る。
つぶやき

顕正新聞VS聖教新聞

「あなた、学会で活動していても、日々の生活も、性格もよくなっていないじゃない」「別にいいんだよ。顕正会には関係ないでしょ。これが学会流の正しさなのよ」
つぶやき

第三青年会館の御入仏式が奉修されました(2)

遥拝勤行こそ、浅井先生の大聖人に対し奉る「忠誠の証」であり、濁乱の正系門家にあって唯一、広布最終段階に御奉公する資格を有する顕正会に大聖人がお教え下された「御意に叶う信行」なのです。
つぶやき

第三青年会館の御入仏式が奉修されました

第六天の魔王に誑かされ、大聖人一期の御遺命に背いた無道心の学会・宗門に、広宣流布ができるはずがありません。彼らにはすでにその資格も力もないのです。
つぶやき

遥拝勤行こそ忠誠の証

信心に距離は関係ないのです。たとえ戒壇の大御本尊様からどれほど遠く離れた地に住んでいようとも、大聖人様を恋慕渇仰して、大聖人の御名を南無妙法蓮華経と唱え奉れば、そのお題目は直ちに日蓮大聖人様に通ずる、戒壇の大御本尊様に通ずる。そして大功徳を頂き、臨終には成仏の相を現ずることができるのです。
つぶやき

日米安保条約第5条の限界

アメリカが衰退して来た今日では、「アメリカに防衛義務がある」などとの思い込みは、もう通用しなくなっているのです。
つぶやき

顕正会の会員総数が222万になりました

冨士大石寺顕正会の令和2年11月度総幹部会が行われ、ついに会員総数が222万に達したとの発表がありました。いやはや、すごいですね!
創価学会・宗門破折

追い詰められた大草一党が「国教」を認めて自滅したようです

大草は追い詰められた末に、宗門が公式に否定する大聖人の仏法の「国教化」を認めざるを得なくなったのである。これは御遺命の戒壇が「国立戒壇」であると認めたに等しい。まさに「語るに落ちる」とはこのこと、大草は細井・阿部の主張が誤りであることを自認したのである。
つぶやき

広布前夜の「同士討ち」

「日本国の大疫病と、大飢渇と、どしうちと、他国より責めらるゝは総罰なり」(出世本懐成就御書)
つぶやき

「冨士大石寺正信会」の公式サイトができたようです!

「沈黙することは非常に楽ではありますが、非常に無責任なのです。我らは辻々に立たれた大聖人様のことを思い、御遺命の国立戒壇建立に向けて立つべきであります」
創価学会・宗門破折

法華講の登山に功徳がない本当の理由

日蓮正宗では絶対に教えてくれない、仏法上の深い「理由」をお伝えします。「無智」というのは恐ろしいですね…
つぶやき

御入滅739年の御大会式が奉修されました

「大聖人様の究極の大願は、この無量無辺の功徳・広大深遠の妙用まします『本門戒壇の大御本尊』を、国立戒壇に安置し奉って日本を仏国とし、ひいては全世界を寂光土とするにあられる」
つぶやき

米中対決と日本

いま激しさを増す米中の対決は、今後どちらが世界の覇権を握るかという「世界の覇権を賭した戦い」であるために、どちらも一歩も引かず、やがて全世界を巻き込み、最終的には核兵器をも使用する大闘諍に至るのです。
タイトルとURLをコピーしました