つぶやき

原点の月・8月

「権勢にへつらうな、おもねるな、曲げて安易に住するな。ただ恐れるは仏の金言に違わん事のみ、そのほかに何が怖い」
日蓮大聖人の仏法

幸・不幸はどうして生じるのか

幸・不幸は偶然生じるのではなく、過去に自分がやってきたことを原因として、その結果をいま受けているのです。ですから、もしいま不幸を感じているとしたら、それは誰のせいでもなく、自分自身が過去にやってきたことの報いということになります。逆に、将来どんな果報を受けるかは、いま為しつつある所行によって決まるのです。
つぶやき

「公安」から徹底マークされている団体の幹部だった方が顕正会に入信しました!

かつて極左団体に幹部として所属し公安から徹底マークされていた方が、顕正会に入信したというのです。広宣流布が近づくにつれて、多様なバックグラウンドを持つ方々が集ってくるようです(笑)
つぶやき

大草一男(法華講大講頭)が宗門の行事でヒンズー教の神を祀っていたようです

法華講の大講頭であり、妙観講の講頭でもある大草一男が、ネパールで開催された宗門(日蓮正宗)の行事で、なんとヒンズー教の神のような像を祀っていたというのです
つぶやき

「立正安国論」の御意を正しく拝せる有難さ

まさに立正安国論は理論と現証の一致を以て示された国家安泰・世界平和の一大指南書。ゆえに未来も亦、この法則のままに、国家も人類も動いていく。「未来亦然るべきか」との仰せは、未来広宣流布の前夜に、再び日本国に、立正安国論に御示しの深刻なる自他の二難が起こることを、兼ねて仰せ給うたものである。
つぶやき

「世相閻魔帳」というコラムがおもしろい!

「は~功徳も無エ、歓喜も無エ、事あるごとに供養とる、オラこんな宗門いやだ~♪」
タイトルとURLをコピーしました