つぶやき

20年代こそ広宣流布の決戦場

「私は前々から、二〇年代こそ広宣流布の決戦場であると、思い定めておりました。そのわけは、正系門家の御遺命違背すなわち大聖人様への師敵対が、すでに極限に達している。もう日本は保たないと感じていたからであります」
創価学会・宗門破折

顕正会と宗門の紙上法論、ついに決着!教学委員が宗門坊主を完全論破しました!(3)

「慧妙」に掲載された関快道の痴文に端を発する法論が、「顕正会の勝利・宗門僧俗の敗北」という形で完全決着しました!
創価学会・宗門破折

顕正会と宗門の紙上法論、ついに決着!教学委員が宗門坊主を完全論破しました!(2)

①文法的な誤り、②細井日達の説法との矛盾、③関快道自身の言辞との矛盾という3つの観点から、教学委員が関の痴論(「勅宣・御教書」は戒壇建立に当たって不可欠ではない)を完膚なきまでに粉砕しました!
創価学会・宗門破折

顕正会と宗門の紙上法論、ついに決着!教学委員が宗門坊主を完全論破しました!(1)

顕正新聞令和2年6月15日号に、教学委員が宗門の塔中坊主の関快道を完全論破した論文が掲載されていました!「関快道の敗北を誤魔化す『慧妙』の悪足掻きを粉砕す」「『勅宣・御教書』は戒壇建立の必要手続 宗門僧俗、ついに反論不能に陥る」
つぶやき

「顕正新聞社」の公式サイトが凄すぎる!

「顕正新聞社」の公式サイトでは、顕正新聞の特集号を閲覧できるほか、なんと「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」の内容が大々的に公開されていました!
つぶやき

日蓮大聖人の諸天に申し付ける絶大威徳が凄すぎる!(2)

大聖人の諸天に申し付ける絶大威徳を如実に拝し、「日蓮によりて日本国の有無はあるべし」との重大御聖意を全日本人に教え、人を救い国を救う資格と力を有する仏弟子の大集団は、浅井先生率いる顕正会以外にありません。
つぶやき

日蓮大聖人の諸天に申し付ける絶大威徳が凄すぎる!(1)

「立正安国論の御聖意 心肝に染めよ」「日蓮大聖人に背けば、今生も後生も大難」「早く国立戒壇建立して金剛不壊の仏国を」
つぶやき

もし細井日達が浅井先生の「基礎教学書」を読んで信心を取り戻していたら(2)

「御遺命の敵」となり終わった細井日達は、激甚の心臓発作に襲われ、「真っ黒で『助けてくれ!』と叫んでいるような悪相」を現じて命終しました。
つぶやき

もし細井日達が浅井先生の「基礎教学書」を読んで信心を取り戻していたら(1)

細井日達も最初から全く信心がなかったわけではありません。はじめは御遺命に背く恐ろしさを感じていたものの、池田大作の権力と金力にへつらうあまり、徐々に信心が逸脱し、御遺命破壊に加担してしまったのです。もし細井日達が浅井先生の「基礎教学書」を読み、信心を取り戻していたら…
つぶやき

新しい正門と第三青年会館の完成予想図が掲載されました

顕正新聞令和2年5月25日号が届いたので開いてみると、なんということでしょう!「新しい正門」と「第三青年会館」の完成予想図が掲載されているではないですか!
創価学会・宗門破折

「阿部日顕の悪臨終」をゴマかす宗門の欺瞞を破す

未だに真実を知らない人々のために、日蓮大聖人の御遺命に背き続けた阿部日顕が無間地獄に墜ちたことを、日蓮正宗の関係者が構えるタバカリを破折しつつ、わかりやすく書いてみたいと思います。
顕正会

顕正会員は駅前で何をやっているのか?

顕正会員たちは、駅前で広告文や顕正新聞を無償でお配りすることで、日蓮大聖人の大恩徳を全日本人に伝えようとしているのです。何を隠そう、配布している顕正会員は、お金など一銭ももらっていません。
つぶやき

宗門塔中坊主の論文がまたまた教学委員に一刀両断されてしまいました

顕立正意抄に云く「我が弟子等の中にも信心薄淡き者は、臨終の時、阿鼻獄の相を現ずべし。其の時、我を恨むべからず」と。御本仏一期の御遺命たる「国立戒壇」を否定し背き続ける宗門僧俗こそ、関自らが明言していたとおり、全員無間地獄必定なのである。
つぶやき

新型コロナのその先と根本原因

「正系門家のこの濁乱こそ、まさに日本が亡ぶ根本原因である」、「正系門家が日蓮大聖人の唯一の御遺命に背いて、日本が傾かぬはずがない。日本の亡びぬ道理がない。その前相として、いま諸天の治罰たる総罰が現われて来た」
つぶやき

新型コロナウィルスでお悩みの方へ~あらゆる苦難を乗り越えていく方法~

人の幸せは、自分と周りの環境との関係性の上に成り立っています。ですから、周りの環境が厳しくなり、それに押しつぶされてしまうと、生きていること自体が苦しくなってしまいます。これを仏法で「地獄界」といいます。では、どうしたらこれを乗り越えていくことができるのでしょうか。
つぶやき

一切の御化導が含まれていた立宗の大誓願

「日本国に此れを知れる者、但日蓮一人なり。これを一言も申し出すならば父母・兄弟・師匠・国主の王難必ず来たるべし、いわずば慈悲なきににたり…今度、強盛の菩提心ををこして退転せじと願じぬ」
つぶやき

「上野殿御返事」講義に拝する御在世の信心

「値いがたき日蓮大聖人の仏法に値い奉っても、一時的な感激だけですぐ退転するような「火の信心」では成仏は叶わない。いかなる妨害があろうとも、退かず、臨終の夕べまで信心を貫く「水の信心」で、始めて成仏させて頂けるのである」
つぶやき

大聖人仰せのままの信心、仰せのとおりの功徳

3月度総幹部会で、とても有難い登壇がありました。昭和36年に妙信講(顕正会の前身)に入信し、一筋の信心を貫かれた班長が、素晴らしい成仏の相で臨終を遂げた、というものでした。
つぶやき

「日蓮正宗責任役員会議事録」で国立戒壇を否定した宗門の大罪

細井日達・早瀬道応・佐藤日成の署名・捺印が議事録にはっきりと…宗門が単に国立戒壇の名称だけを否定したのではなく、その前提として、国立戒壇の内容(教義)をも改変してしまったことがよくわかります。
つぶやき

「顕正会ってどんな団体!?」というサイトがおもしろい!

この間、何気なくネットで調べ物をしていたら、なにやらすごいサイトを見つけました!その名も、「顕正会ってどんな団体!?」
タイトルとURLをコピーしました