日蓮大聖人の仏法

日蓮大聖人とはいかなる御方か(1)末法濁世の人と国を根底からお救い下さる御本仏

日蓮大聖人こそ、末法万年尽未来際の全人類を、三大秘法という根源の仏法を以て、現当二世にお救い下さる、実に久遠元初の自受用身、末法下種の主・師・親、大慈大悲の御本仏であられる。
顕正会

「御遺命守護の戦い」年表

この年表をご覧頂けば、昭和40年代に起きた御遺命破壊の大悪と、顕正会の御遺命守護の戦いの「本質」が、自ずと見えてくるのではないでしょうか。
つぶやき

顕正会「教学部」に新たな教学委員が加わりました!

いま濁乱の極にある宗門が、いよいよ日淳上人以前の「国立戒壇」堅持の宗門に戻り、御遺命の正義が蘇る日も近いことを思えば、ワクワクする歓喜がこみ上げます!
創価学会・宗門破折

顕正会員の臨終に対する疑難中傷を破す

宗門関係者が吹聴する疑難中傷を破折してみたいと思います。
つぶやき

顕正会が宗門末寺「本種寺」を提訴!

どうやら、顕正会が宗門末寺「本種寺」を提訴したようです。宗門が御遺命違背の大罪を深く懺悔し、池田大作に唆されて2代の貫首が捨ててしまった「国立戒壇」の正義に1日も早く立ち還ることを願うばかりです。
つぶやき

法華講員のトリセツ ~SNSでからんでくる法華講員への上手な対処法~

法華講員の投稿を見ていると、本当に「ちょっと、この人、大丈夫ですか??」と心配になるほど、異常にハイテンションな人がいます。「さすがにあのテンションを日常生活で維持し続けるのはキツイのでは…」と要らぬ心配をしてしまうほどです(笑)
つぶやき

「近現代における戒壇問題の経緯と真義」という名の「言い訳」

「いや~、あの時はさあ、池田大作に言われて変なこと書いちゃったんだよね。まあ、でも当時は仕方なかったじゃん?」みたいな、見苦しい「言い訳」が書いてあるだけじゃないですか(笑)
創価学会・宗門破折

「勅宣並びに御教書を申し下して」の手続をひた隠す日蓮正宗公式サイトの御遺命違背を破す

三大秘法抄の「勅宣並びに御教書を申し下して」の御定めは、まさしく「国家意志の表明」を戒壇建立の手続とせよ、ということにほかなりません。この手続のゆえに、「国立戒壇」と端的に呼称されてきたのです。
日蓮大聖人の仏法

十界論(2)

過去世の宿業(行い)により、十界のうちのいずれかが、その人の生命に強く現われて生まれてくるというのです。この先天的な生命の傾向を「宿命」といいます。
日蓮大聖人の仏法

十界論(1)

十界とは、この宇宙に存在するすべての有情を、その境界にしたがって十種に分類したものである。そして非情はこの有情の所依となる国土であるから、宇宙法界は広漠といっても、すべてはこの十界に収まる。