創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(4)三大秘法抄の曲会

「勅宣並びに御教書」こそ、国家が宗教の正邪を認識決裁し、三大秘法を国家の根本の指導原理として護持擁護するという〝国家意志の表明〟そのものなのです。
創価学会・宗門破折

「細井日達の縁戚」の母の素性が凄すぎる!

そのうち、なりふり構わず、「実は、私も葬儀に参列していました。すばらしい相でした!」なんていう法華講幹部の捏造記事とかも出してくるかもしれませんね(笑)
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(3)一期弘法付嘱書における「国主」の曲会

「主権在民」(国民主権主義)とは、国家意志を構成する最高の源泉が国民に発することをいいますが、国家・国民を代表して国家意志を表明するのは、あくまで天皇及び国家機関なのです。
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(2)広宣流布を偽る

「舎衛の三億」のたばかりとは、「日本人口の3分の1が入信すれば広宣流布」という論法で、池田大作が言い出し、細井日達が追認したものです。
創価学会・宗門破折

「細井日達の悪臨終」をゴマかす宗門の欺瞞を破す

「えっ、宗門って、細井日達の悪臨終について反論とかしてるの!?」というのがまず驚きです。だって、どう考えたって、苦しすぎるじゃないですか(笑)
顕正会

顕正会の金銭に対する姿勢~正しい宗教の見分け方

宗教の正邪というのは、本来、教義によって決するものですが、もっとわかりやすい方法がある。それは金銭に対する姿勢を見れば一目瞭然だということです。
タイトルとURLをコピーしました