日蓮大聖人の仏法

日蓮大聖人の仏法

「立正安国論」の肝要を拝し奉る(5)

仏法が破壊されるのを見て、自分の臆病から黙っているならば、その人は仏法の怨であり、地獄に堕ちるという、まことに厳しいお誡めである。これを以て思うに、いま正系門家において御本仏の御遺命が破壊されんとしたとき、顕正会が御遺命守護に立ち上がったことこそ、日蓮大聖人に対し奉る真の忠誠なのである。
日蓮大聖人の仏法

「立正安国論」の肝要を拝し奉る(4)

他国来難の御予言的中こそ、日蓮大聖人に背く人々を改悔させ、いちばん恐ろしい死後の無間地獄の大苦から救わんとあそばす、大聖人の大慈大悲だったのです。
日蓮大聖人の仏法

「立正安国論」の肝要を拝し奉る(3)

「立正」の二字に三大秘法を含むことまことに明らかである。そして三大秘法の随一は本門戒壇の大御本尊であり、この大御本尊を国立戒壇に安置し奉ることこそ、大聖人の究極の大願であられれば、まさに「立正」とは国立戒壇の建立に尽きるのである。
日蓮大聖人の仏法

「立正安国論」の肝要を拝し奉る(2)

弘安五年の御入滅に際して、門下一同に講じ給うたのが、この立正安国論であった。この最後の御説法こそ、「国立戒壇を建立して仏国を実現せよ」との、門下一同への御遺命である。まさに立正安国論こそ一代御化導を貫く大綱の御書であれば、大聖人の御願業のすべてはこの一書に込められている。
日蓮大聖人の仏法

「立正安国論」の肝要を拝し奉る(1)

立正安国論こそ、理論と現証の一致を以て御教示下された、未来永遠にわたる国家安泰・世界平和の一大明鏡である。ゆえに人類の存する限り国家の在る限り、立正安国論に示された法則のままに、国家も人類も動いていくのである。
日蓮大聖人の仏法

大聖人のお題目と私たちのお題目の功徳に違いはあるか?

では、何もわからない私たちがお題目を唱えるだけで、どうして大聖人と同じ功徳を頂けるのでしょうか?浅井先生の「『松野殿御返事』を拝し奉る」の一節を拝してみましょう。
タイトルとURLをコピーしました