日蓮大聖人の仏法

日蓮大聖人の仏法

十界論(1)

十界とは、この宇宙に存在するすべての有情を、その境界にしたがって十種に分類したものである。そして非情はこの有情の所依となる国土であるから、宇宙法界は広漠といっても、すべてはこの十界に収まる。
日蓮大聖人の仏法

仏法の実践:折伏

今回の記事では、現役の顕正会員の立場から、「折伏」についての正しい情報をお伝えしたいと思います!
日蓮大聖人の仏法

仏法の実践:遥拝勤行

遥拝勤行こそ、末法の三毒強盛の凡夫を、直接、本門戒壇の大御本尊に繋ぎまいらせる秘術。広布最終段階における信行である。まさしく大聖人様が、いま広宣流布に戦う唯一の仏弟子の大集団・顕正会に、大慈悲を以て開いて下さった大道なのである。
日蓮大聖人の仏法

仏法の実践:勤行

日蓮大聖人の御名である「南無妙法蓮華経」を、「お慕わしい」「有難い」との恋慕渇仰の信心で唱え奉ることで、私たち凡夫が御本尊・日蓮大聖人と一体になり、そのまま仏に成らせて頂けるのです。
日蓮大聖人の仏法

三障四魔に打ち勝つ信心

まさに先生の激闘の中に、「人をよく成すものは、方人よりも強敵」との御金言の絶対なることを、伏して拝するものです。
日蓮大聖人の仏法

出世の御本懐

日蓮大聖人がこの世にご出現された目的は、実に「本門戒壇の大御本尊」を建立して全人類に授与してくださることだったのです。ですから、今の創価学会のように、恐れ多くも戒壇の大御本尊を信ぜず背き奉るならば、無間地獄の業因となります。
日蓮大聖人の仏法

竜の口法難

まさに国家権力が、ただ一人の大聖人の御頸を切ることができず、その絶大威徳の前にひれ伏してしまったのである。このような思議を絶する荘厳な光景が、人類史上、どこにあったであろうか。
日蓮大聖人の仏法

現当二世の大利益

もし本門戒壇の大御本尊を一筋に信じて南無妙法蓮華経と唱え奉れば、必ず現世には宿命が変わって幸福となり、臨終には成仏の相を現じ、死後の生命も大安楽を得る。これが現当二世の大利益である。
日蓮大聖人の仏法

臨終の証拠

地獄に堕ちる者は臨終ののち、身体全体が黒くなるうえ、不思議に遺体が重くなる。だが成仏する者は、死してのち色が白くなり、その遺体は軽く、かつ柔かである。
日蓮大聖人の仏法

人生の目的とは何か(2)

福運が尽きればいかなる努力や智恵・才覚も虚しくなる。強き信心によって我が身に具った福運だけが、崩れぬ幸福を築くのである。
日蓮大聖人の仏法

人生の目的とは何か(1)

まさに幸福こそ、万人共通・普遍的な人生の目的である。しかしこの幸福にも、すぐ崩れてしまう一時的なものと、永遠に崩れぬ真の幸福がある。永遠に崩れぬ最高無上の幸福を「成仏」という。されば人生の究極の目的は、この成仏を得るにある。
日蓮大聖人の仏法

日蓮大聖人の御遺命とは

今回は「日蓮大聖人の御遺命とは何か」について、なるべくわかりやすく書いてみたいと思います!
タイトルとURLをコピーしました