つぶやき

【妙観講員必見!】教学委員から大草一男への6つの問い

大草は「摧破異流義考」(昭和六十三年)にて、正本堂が〝前以て建てておいた御遺命の戒壇〟に当たる旨を記述しているが、同様の見解を表明していた阿部日顕は「今から見れば言い過ぎやはみ出しがある」と誤りを認めている。大草も誤りを認めるか。覚悟を決めて回答せよ。
創価学会・宗門破折

諸宗はどうして邪法なのか ~正しい仏法の見分け方~

諸宗が拠りどころにしている経は、すべて釈尊が説いたものです。しかし、その釈尊自身が、それらの経は方便(仮の教え)であるから捨てよと、ハッキリと仰っているのです。これに固執し、本懐である法華経を誹謗する諸宗が邪法であることは明らかです。
つぶやき

日蓮大聖人・国立戒壇こそ「日本の柱」(2)

「日蓮大聖人こそ日本の柱」、「国立戒壇こそ日本の柱」との重大事を明かされた「日本の柱」特集号(顕正新聞令和2年9月5日号)は大感激です!
つぶやき

日蓮大聖人・国立戒壇こそ「日本の柱」(1)

早く広宣流布して、憲法を改正し、日本の柱たる国立戒壇を建立し、大聖人様に応え奉らなければならぬ。もうその時が来ているのです。
つぶやき

鳥取会館御入仏式が厳修されました

冨士大石寺顕正会の「鳥取会館御入仏式」が、令和2年8月2日、厳粛に奉修されました。
つぶやき

正本堂を「御遺命の戒壇」と讃嘆していた大草一男の「処世術」

大草一男「まさに大石寺正本堂は御宝蔵・奉安殿等とは異なり、やがて広布の時至れば大本門寺本堂たるべき堂宇である」(摧破異流義考)
タイトルとURLをコピーしました