創価学会・宗門破折

創価学会・宗門破折

歴史的な「御遺命守護」特集号4(3)

もし第59世の堀上人が「大坊棟礼」を後世の贋作と断定していたとしたら、第65世の日淳上人がこれを日興上人の文証として元朝勤行で引用されるはずがありません。宗門のデマは一目瞭然です。事の戒壇とは、御付嘱状・三大秘法抄の御遺命のままに、広宣流布の暁に富士山天生原に立てられる国立戒壇です。
創価学会・宗門破折

「無間地獄」に堕ちた細井日達の悪臨終

「あんな死に方をして、もう真っ黒になって、あんなのは地獄行きですよ。間違いない」、「そのときの臨終の相があまりにもひどかった。そして臭いが酷かった」、「顔がパンパンに腫れ上がっていた」、「遺体の痛みがひどかった」
創価学会・宗門破折

日蓮正宗の実態を知らないあなたへ

細井日達「阿部はとんでもない。学会にべったりでどうしようもないやつだ」(時事懇談会記録)要するに、法華講のみなさんは「阿部信雄」の自己申告に騙されているのです。
創価学会・宗門破折

顕正会員の臨終に対する疑難中傷を破す

宗門関係者が吹聴する疑難中傷を破折してみたいと思います。
創価学会・宗門破折

「勅宣並びに御教書を申し下して」の手続をひた隠す日蓮正宗公式サイトの御遺命違背を破す

三大秘法抄の「勅宣並びに御教書を申し下して」の御定めは、まさしく「国家意志の表明」を戒壇建立の手続とせよ、ということにほかなりません。この手続のゆえに、「国立戒壇」と端的に呼称されてきたのです。
創価学会・宗門破折

「細井日達の悪臨終」をゴマかす宗門の欺瞞を破す(2)

細井日達が急死した後、なんと医師から2人がかりで3時間近くも心臓マッサージを受け続けていたというのです。激しい痛みに悶絶し、顔は歪み、阿鼻叫喚するであろうことは想像に難くありません。
タイトルとURLをコピーしました