創価学会・宗門破折

創価学会・宗門破折

顕正会と宗門の紙上法論、ついに決着!教学委員が宗門坊主を完全論破しました!(3)

「慧妙」に掲載された関快道の痴文に端を発する法論が、「顕正会の勝利・宗門僧俗の敗北」という形で完全決着しました!
創価学会・宗門破折

顕正会と宗門の紙上法論、ついに決着!教学委員が宗門坊主を完全論破しました!(2)

①文法的な誤り、②細井日達の説法との矛盾、③関快道自身の言辞との矛盾という3つの観点から、教学委員が関の痴論(「勅宣・御教書」は戒壇建立に当たって不可欠ではない)を完膚なきまでに粉砕しました!
創価学会・宗門破折

顕正会と宗門の紙上法論、ついに決着!教学委員が宗門坊主を完全論破しました!(1)

顕正新聞令和2年6月15日号に、教学委員が宗門の塔中坊主の関快道を完全論破した論文が掲載されていました!「関快道の敗北を誤魔化す『慧妙』の悪足掻きを粉砕す」「『勅宣・御教書』は戒壇建立の必要手続 宗門僧俗、ついに反論不能に陥る」
創価学会・宗門破折

「阿部日顕の悪臨終」をゴマかす宗門の欺瞞を破す

未だに真実を知らない人々のために、日蓮大聖人の御遺命に背き続けた阿部日顕が無間地獄に墜ちたことを、日蓮正宗の関係者が構えるタバカリを破折しつつ、わかりやすく書いてみたいと思います。
創価学会・宗門破折

「国立戒壇は御書にない」の謀りを破す

いま日蓮正宗の坊主たちが言う「国立戒壇は御書にない!」という論法は、あの池田大作の受け売り、二番煎じなのです(笑)すでに池田創価学会を破門し、偽戒壇・正本堂も崩壊したにもかかわらず、未だにこの幼稚なたばかりにしがみついているとは、なんとも惨めな連中ですね。
創価学会・宗門破折

「国立戒壇」の四文字に込められた意味

三大秘法抄の御文を要言すなわち肝要部分を要約すれば、一期弘法付嘱書の「国主此の法を立てらるれば」との御文になり、さらにこの御文を約言、つづめて言えば、「国立戒壇」になるのです。
タイトルとURLをコピーしました