つぶやき

つぶやき

新型コロナウィルスでお悩みの方へ~あらゆる苦難を乗り越えていく方法~

人の幸せは、自分と周りの環境との関係性の上に成り立っています。ですから、周りの環境が厳しくなり、それに押しつぶされてしまうと、生きていること自体が苦しくなってしまいます。これを仏法で「地獄界」といいます。では、どうしたらこれを乗り越えていくことができるのでしょうか。
つぶやき

一切の御化導が含まれていた立宗の大誓願

「日本国に此れを知れる者、但日蓮一人なり。これを一言も申し出すならば父母・兄弟・師匠・国主の王難必ず来たるべし、いわずば慈悲なきににたり…今度、強盛の菩提心ををこして退転せじと願じぬ」
つぶやき

「上野殿御返事」講義に拝する御在世の信心

「値いがたき日蓮大聖人の仏法に値い奉っても、一時的な感激だけですぐ退転するような「火の信心」では成仏は叶わない。いかなる妨害があろうとも、退かず、臨終の夕べまで信心を貫く「水の信心」で、始めて成仏させて頂けるのである」
つぶやき

大聖人仰せのままの信心、仰せのとおりの功徳

3月度総幹部会で、とても有難い登壇がありました。昭和36年に妙信講(顕正会の前身)に入信し、一筋の信心を貫かれた班長が、素晴らしい成仏の相で臨終を遂げた、というものでした。
つぶやき

「日蓮正宗責任役員会議事録」で国立戒壇を否定した宗門の大罪

細井日達・早瀬道応・佐藤日成の署名・捺印が議事録にはっきりと…宗門が単に国立戒壇の名称だけを否定したのではなく、その前提として、国立戒壇の内容(教義)をも改変してしまったことがよくわかります。
つぶやき

「顕正会ってどんな団体!?」というサイトがおもしろい!

この間、何気なくネットで調べ物をしていたら、なにやらすごいサイトを見つけました!その名も、「顕正会ってどんな団体!?」
つぶやき

顕正会が宗門末寺「本種寺」に全面勝訴!

住職の佐藤日栄は、「いや、違う。他の寺の信徒がやったんだ。うちの信徒は見学していただけだ!」と言い逃れをしたそうです。
つぶやき

教学委員が宗門塔中坊主の論文を一刀両断!

関は論文の冒頭に、「国立戒壇が大聖人の正しい教えであるならば、否定した日蓮正宗僧俗は全員無間地獄に堕ちることになります」と断言しているが、御本仏一期の御遺命たる「国立戒壇」を怨嫉する宗門僧俗は、まさしく「全員無間地獄に堕ちる」ことを知るべきである。
つぶやき

崩れぬ幸福を築くのは

「夫れ運きはまりぬれば兵法もいらず、果報つきぬれば所従もしたがはず。乃至、すぎし存命不思議とおもはせ給へ。なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし」と。福運が尽きればいかなる努力や智恵・才覚も虚しくなる。強き信心によって我が身に具った福運だけが、崩れぬ幸福を築くのである。
つぶやき

御遺命違背こそ亡国の因

浅井先生は、「就中、今日においては、正系門家が御遺命に背いていることこそ最も罪が重い。これこそ根本原因であります」と指導くださいました。
つぶやき

池田大作のゴルフ事情

正本堂を「御遺命の戒壇」と信じた学会員の血のにじむ痛ましき供養・三百数十億円を手にしても、品性ばかりはおカネで買うことはできなかったのです。
つぶやき

今年の3級試験は「立正安国論」でした

顕正会伝統の教学試験。今年は、登用試験・5級試験・3級試験が行われました。特に登用試験の受験者数は、過去最高の1万9000余名。いやはや、すごいですね!
つぶやき

正信会の足立淳正住職が「声明文」を発表!

「ここに私は、冨士大石寺の源流に立ち帰り、本日以降、「冨士大石寺正信会」と名乗り、冨士大石寺顕正会とともに、広宣流布・国立戒壇建立を見つめて共闘させて頂くことを宣言するものであります」
つぶやき

諫臣・争子

諫める臣下が国にあればその国は正しくなり、親の誤りを諫める子があればその家はついには曲がらない―ということです。顕正会は、日本国に在っては「諫臣」、正系門家に在っては「争子」であります。
つぶやき

いかなる世の乱れにも

不可能な状況でも、それを可能とするような強き一念を以て諸天に申し付け、各々をば守るであろう―と仰せられている。これ大聖人様の強き御約束であります。
つぶやき

実は「日蓮大聖人」を信じていない日蓮正宗の人たち

彼らは偽戒壇・正本堂の建立を機に、大聖人一期の御遺命である「本門の戒壇」の教義を改変し、今なお改悔なく背き続けています。親の遺言を改竄する子がどこにいるでしょうか。だから彼らは大聖人の御心に背き、功徳を失い、現世に罰を受け不幸を味わうだけでなく、死後、無間地獄に堕ちていくのです。なんとも不憫ですね。
つぶやき

いざ広宣流布の決戦場へ

有羞の僧が続々と現れ、時の貫首が「国立戒壇の正義」を宣示し、宗門が日淳上人以前の清らかな正系門家に立ち還る日も遠からず、と確信してやみません。
つぶやき

本年の2つの意義(2)

「広告文と遥拝勤行で広宣流布は成る」の確信がいよいよ全顕正会にみなぎって来ました!
つぶやき

本年の2つの意義(1)

御遺命守護の戦いがようやく最終章に至りました!
つぶやき

ついに出てきた!有羞の僧

足立淳正住職「正信会には、様々な考えを持つ僧侶がおるのも事実ではありますが、私は「国立戒壇」こそが日蓮大聖人の御遺命であると強く確信しております」
タイトルとURLをコピーしました