創価学会・宗門破折

創価学会・宗門破折

「阿部日顕の悪臨終」をゴマかす宗門の欺瞞を破す

未だに真実を知らない人々のために、日蓮大聖人の御遺命に背き続けた阿部日顕が無間地獄に墜ちたことを、日蓮正宗の関係者が構えるタバカリを破折しつつ、わかりやすく書いてみたいと思います。
創価学会・宗門破折

「国立戒壇は御書にない」の謀りを破す

いま日蓮正宗の坊主たちが言う「国立戒壇は御書にない!」という論法は、あの池田大作の受け売り、二番煎じなのです(笑)すでに池田創価学会を破門し、偽戒壇・正本堂も崩壊したにもかかわらず、未だにこの幼稚なたばかりにしがみついているとは、なんとも惨めな連中ですね。
創価学会・宗門破折

「国立戒壇」の四文字に込められた意味

三大秘法抄の御文を要言すなわち肝要部分を要約すれば、一期弘法付嘱書の「国主此の法を立てらるれば」との御文になり、さらにこの御文を約言、つづめて言えば、「国立戒壇」になるのです。
創価学会・宗門破折

歴史的な「御遺命守護」特集号4(3)

もし第59世の堀上人が「大坊棟礼」を後世の贋作と断定していたとしたら、第65世の日淳上人がこれを日興上人の文証として元朝勤行で引用されるはずがありません。宗門のデマは一目瞭然です。事の戒壇とは、御付嘱状・三大秘法抄の御遺命のままに、広宣流布の暁に富士山天生原に立てられる国立戒壇です。
創価学会・宗門破折

「無間地獄」に堕ちた細井日達の悪臨終

「あんな死に方をして、もう真っ黒になって、あんなのは地獄行きですよ。間違いない」、「そのときの臨終の相があまりにもひどかった。そして臭いが酷かった」、「顔がパンパンに腫れ上がっていた」、「遺体の痛みがひどかった」
創価学会・宗門破折

日蓮正宗の実態を知らないあなたへ

細井日達「阿部はとんでもない。学会にべったりでどうしようもないやつだ」(時事懇談会記録)要するに、法華講のみなさんは「阿部信雄」の自己申告に騙されているのです。
創価学会・宗門破折

顕正会員の臨終に対する疑難中傷を破す

宗門関係者が吹聴する疑難中傷を破折してみたいと思います。
創価学会・宗門破折

「勅宣並びに御教書を申し下して」の手続をひた隠す日蓮正宗公式サイトの御遺命違背を破す

三大秘法抄の「勅宣並びに御教書を申し下して」の御定めは、まさしく「国家意志の表明」を戒壇建立の手続とせよ、ということにほかなりません。この手続のゆえに、「国立戒壇」と端的に呼称されてきたのです。
創価学会・宗門破折

「細井日達の悪臨終」をゴマかす宗門の欺瞞を破す(2)

細井日達が急死した後、なんと医師から2人がかりで3時間近くも心臓マッサージを受け続けていたというのです。激しい痛みに悶絶し、顔は歪み、阿鼻叫喚するであろうことは想像に難くありません。
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(7)正本堂の正体

平成10年4月5日、戒壇の大御本尊は元の奉安殿に還御あそばし、正本堂の撤去工事が開始、ついにその醜悪なる姿を永遠に地上から消したのでした。
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(6)その他の国立戒壇否定の僻論

国立戒壇を田中智学の思想の模倣というならば、顕正会と同じく「国立戒壇」の名称をお使いになった日蓮正宗の歴代先師上人を、なぜ「田中の模倣」と非難しないのか。
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(5)事の戒壇の定義変更による誑惑

三大秘法抄に定められた条件が整った時に事実の姿として建立される戒壇を「事の戒壇」といい、それ以前に本門戒壇の大御本尊のまします所を義の戒壇と申し上げるのです。
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(4)三大秘法抄の曲会

「勅宣並びに御教書」こそ、国家が宗教の正邪を認識決裁し、三大秘法を国家の根本の指導原理として護持擁護するという〝国家意志の表明〟そのものなのです。
創価学会・宗門破折

「細井日達の縁戚」の母の素性が凄すぎる!

そのうち、なりふり構わず、「実は、私も葬儀に参列していました。すばらしい相でした!」なんていう法華講幹部の捏造記事とかも出してくるかもしれませんね(笑)
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(3)一期弘法付嘱書における「国主」の曲会

「主権在民」(国民主権主義)とは、国家意志を構成する最高の源泉が国民に発することをいいますが、国家・国民を代表して国家意志を表明するのは、あくまで天皇及び国家機関なのです。
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(2)広宣流布を偽る

「舎衛の三億」のたばかりとは、「日本人口の3分の1が入信すれば広宣流布」という論法で、池田大作が言い出し、細井日達が追認したものです。
創価学会・宗門破折

「細井日達の悪臨終」をゴマかす宗門の欺瞞を破す

「えっ、宗門って、細井日達の悪臨終について反論とかしてるの!?」というのがまず驚きです。だって、どう考えたって、苦しすぎるじゃないですか(笑)
創価学会・宗門破折

正本堂の誑惑を破す(1)正本堂の誑惑の目的

1には、国立戒壇を否定するため。2には、宗門700年の悲願を達成したのは自分であると誇るため。3には、正本堂を口実に資金を集めるため。1は主目的であり、2・3は副次目的、池田大作は一石三鳥を狙ったのである。
創価学会・宗門破折

「日蓮正宗の欺瞞を検証してみた」というサイトが凄すぎる

宗門(日蓮正宗)の輩がよく使う詭弁とその見抜き方が、とても客観的に分析されているのです!
創価学会・宗門破折

「国立戒壇」に対する邪難を破す

実はもう破折済みでした(笑)こんな稚拙な邪義に誑かされている法華講員が哀れでなりません。
タイトルとURLをコピーしました